光脱毛にはどんな特徴があるの?

恋肌(こいはだ)は光脱毛を採用しています

光脱毛

恋肌(こいはだ)では脱毛施術方法として、光脱毛を採用しています。


光脱毛は、いま主流になっている脱毛方法のなかでは最新のもので、痛みが少なく、施術料金も安くできるという特徴があります。


光脱毛の脱毛原理は、基本的にレーザー脱毛と同じです。照射した光のを、ムダ毛の毛根部の細胞に伝えて、その熱で発毛機能を弱めるというものです。


光脱毛は「熱」で、毛根部の細胞の働きを弱めることでムダ毛の再発を防ぎます。


ところで、照射した光の熱を直接、ムダ毛の毛根部に伝えるわけでは無いということには注意が必要です。


光脱毛は、照射した光の熱を、まずムダ毛の黒色のメラニンに吸収させて、その熱を毛根部に伝えるという、間接的に熱を伝える方法です。


光脱毛はムダ毛が生えていないと施術できません

光脱毛の特徴

光脱毛は、間接的に熱を伝える方法ですので、熱を吸収してくれるムダ毛がないと、脱毛効果が起きません。


つまり、ムダ毛がないと光脱毛の施術は行えないということです。(これはレーザー脱毛でも同じです)


このため、脱毛施術が完了するまでには一定の時間がかかります。


ムダ毛、つまり人間の体毛は、毛周期というサイクルに従って生え変わっています。人間の体毛は、動物のように夏毛とか冬毛とか、季節で入れ替わるわけではなく、1本1本のムダ毛がそれぞれの毛周期に従って生え変わっています。


毛周期のなかで、ムダ毛が目に見えている状態なのは成長期という段階です。つまり、光脱毛は、成長期のムダ毛にしか効果が無いのです。


光脱毛は成長期のムダ毛(ムダ毛が目に見えている状態)にしか効果がありません。


ムダ毛には、実際には、ムダ毛が抜け落ちていく退行期や、次の体毛の成長に備える休止期という、ムダ毛が肌の表面には現れていない時期も存在します。このため、何度も光脱毛の照射を繰り返して、脱毛したい部位にあるムダ毛が、すべて成長期にあるタイミングに照射できるようにしていくのです。


光脱毛は色の濃い肌に反応してしまいます

光脱毛の特徴

光脱毛は、ムダ毛の黒色のメラニンに熱を伝えるものです。


このため、日焼けが酷い場合とか、色の濃いあざが広範囲にある部位などは、脱毛施術を行うのが難しくなる場合があります。


こういう場合、ムダ毛のメラニンを熱するだけでは無くて、肌の色の濃い部分も熱してしまい、軽いやけどのような状態がおきてしまうためです。


光脱毛の施術を受けている間は、なるべく日焼けをしないようにすると注意されるのはこのためです。


光脱毛は、日焼けが酷い場合などは、脱毛施術ができない場合があります。


ほくろ程度で脱毛施術ができないということはほとんどありませんが、肌の状態が気になるひとは、無料カウンセリングの時に、しっかり相談しておくことをおすすめします。


恋肌(こいはだ)も最初は無料カウンセリングが入り口になります。ムダ毛について気になっていることがあれば、何でも遠慮なく相談してみることをおすすめします。


全身脱毛サロン『恋肌(こいはだ)宮崎店』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、TOPページから詳細を確認してみてください。脱毛情報なども順次追加しています!