自己処理するときの注意点

ムダ毛の自己処理の注意点

ムダ毛の自己処理の注意点

自己処理(じこしょり)とは、脱毛について言うときは、恋肌(こいはだ)のような脱毛サロンでムダ毛を処理するのではなくて、自分自身でムダ毛を取り除くことを指します。


自己処理はとても面倒ですが、恋肌(こいはだ)のような脱毛サロンに通っている間も、脱毛施術が終わるまでは自己処理を行う必要があります。


脱毛によって肌に問題が起きる場合は、ほとんどが不適切な自己処理が原因です。正しい自己処理の方法を理解しておくことはとても重要です。


ムダ毛を抜くのはできるだけ避けよう

ムダ毛を抜くのはできるだけ避けよう

自己処理はできるだけ肌に負担をかけない方法で行う必要があります。そう考えると、ムダ毛を抜くのはできるだけ避けた方が良いのです。


ムダ毛を抜くと、毛穴の毛根周辺の組織も一緒に引き抜いてしまいます。ムダ毛を抜くと、毛根に柔らかい組織が付いているのが分かると思いますが、アレです。


ムダ毛を抜くことは、無理やり肌から引き千切っているようなもので、肌への負担がとても大きいのです。実際、とても痛いですよね。それが肌への負担の大きさを現わしています。


毛抜きはもちろんですが、ムダ毛を抜く系統の自己処理には、脱毛ワックス、脱毛テープなども含まれます。脱毛ワックスは人気があると思っている人もいるかも知れませんが、毛抜きの大規模版ですので、おすすめできません。


正しく使えばカミソリがベスト

正しく使えばカミソリがベスト

自己処理の方法としては、カミソリが使える部位なら、正しくカミソリを使うのがベストの方法です。


カミソリは、ムダ毛の毛根部は残したまま、ムダ毛を途中からカットする方法ですので、肌に必要以上の負担をかけずに済みます。


また、面で処理できるので、処理効率も高いものです。つまり、短時間で広い面積のムダ毛を自己処理することがでます。


もちろんカミソリも肌に一定の負担はかけてしまいます。カミソリで剃ると、ごく薄くですが肌を削り取っていることになりますので、自己処理前後のケアは大切になってきます。


カミソリのように、ムダ毛を途中からカットする系統の自己処理方法には、電気シェーバーや脱毛クリーム(除毛クリーム)があります。脱毛クリーム(除毛クリーム)は、薬剤でムダ毛を溶かすものですが、比較的強い薬剤が使われる場合がありますので、肌が弱い人は注意しましょう。


自己処理前後のケア

蒸しタオル

自己処理前後のケアは次のような流れです。


@自己処理前には温めて、ムダ毛を柔らかくして毛穴を開かせる。
A自己処理後には冷やして、肌を引き締める。
B最後に保湿ケアをしっかり行う。


こうしたケアを行うには蒸しタオルを使うと便利です。


蒸しタオルは自宅でも簡単に作ることができます。水に濡らしたタオルをラップに包んで、電子レンジで30秒ほど温めればできあがりです。温かいうちは、自己処理前のケアに、冷えてきたら自己処理後のケアに使うことができます。


蒸しタオルを活用して、できるだけ肌に優しい自己処理を行うようにしましょう。


全身脱毛サロン『恋肌(こいはだ)宮崎店』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、TOPページから詳細を確認してみてください。脱毛情報なども順次追加しています!